Incus とは?

Incus は、次世代のシステムコンテナと仮想マシンのマネージャーです。コンテナや仮想マシン内で動く、完全な Linux システムに対する統一したユーザー体験を提供します。

Incus はイメージベースであり、広い範囲の Linux ディストリビューションのイメージを提供します。さまざまなストレージバックエンドやネットワークタイプをサポートし、個人のラップトップやクラウドインスタンスからフルサーバーラックまで、さまざまなハードウェアにインストールできる選択肢により、さまざまなユースケースに対応する柔軟性と拡張性を提供します。

Incus を使用すると、インスタンスをシンプルなコマンドラインツールを使ったり、直接 REST API を使ったり、サードパーティーのツールやインテグレーションを通したりして、インスタンスを管理できます。Incus は、ローカルとリモートのアクセス両方に単一の REST API を実装しています。

Incus プロジェクトは、Canonical の LXD のコミュニティー主導のフォークとして Aleksa Sarai によって作られました。アナウンスをご覧ください。

はじめてみよう

Incus が何で、Incus が何をするのかについてをよく理解するために、オンラインで試すことができます!

ローカルで Incus を実行したい場合は、スタートガイドをご覧ください。

コンテナと仮想マシン

Incus はシステムコンテナと仮想マシンへのサポートを提供します。

システムコンテナを実行している場合、Incus は完全なオペレーティングシステムの仮想バージョンをシミュレートします。このため、Incus はホストシステム上で実行されているカーネルが提供する機能を使います。

仮想マシンを実行する場合、Incus はホストシステムのハードウェアを使いますが、カーネルは仮想マシンが提供します。したがって、仮想マシンを使用して、たとえば、別のオペレーティングシステムを実行できます。

アプリケーションコンテナとシステムコンテナ、仮想マシンとの違いについては、私たちのドキュメントで学べます。

機能

Incusの最大の特徴は次の通りです:

コア API
インスタンスとプロファイル
バックアップとエクスポート
設定可能であること

可用性

Incus は最近の Linux ディストリビューションで動きます。

Incus の開発元は、直接パッケージを提供しません。しかし、パッケージは多くのディストリビューションで利用可能であり、またサードパーティーのリポジトリーから入手できます。

Debian と Ubuntu のユーザーは、Zabbly が提供するパッケージをおすすめします。

さらに、Incus クライアントは Windows と macOS で利用できます。クライアントを使い、Linux マシン上で動く Incus サーバーに接続できます。

詳細は、インストールガイドをご覧ください。

サポート

Incus には 2 種類のリリースがあります:

  • LTS リリース
  • フィーチャーリリース

現時点の LTS リリースは Incus 6.0 であり、2029 年 6 月までサポートされます。

フィーチャーリリースは、毎月リリースされ、新機能とバグ修正が含まれています。
フィーチャーリリースに対する通常のサポート期間は約 1 ヶ月、もしくは次のリリースがリリースされるまでです。
一部のディストリビューションでは、出荷を決定した特定のフィーチャーリリースに対して、より長いサポートが提供される場合もあります。

Incus の商用サポートは Zabbly から得られます。

言語、ライセンス、貢献

Incus は Go で書かれています。フリーソフトウェアであり、Apache 2 ライセンスのもとで開発されています。

Incus のソースコードは GitHub 上にあります。

Incus に貢献するための CLA や、同様の法的同意はありません。ただし、コミットは Signed-off(the DCO - Developer Certificate of Ownership に従う)する必要があります。詳しくはコントリビューションガイドをご覧ください。

GitHub logo