distrobuilder について

distrobuilder は LXC と LXD 用のイメージを作成するツールです。

私たちのイメージサーバ にある公式イメージすべての作成に使っています。

イメージの定義は YAML 文書です。これはイメージのソース、そのイメージで使うパッケージ管理ツール、OS リリースやアーキテクチャなどの特定のイメージの種類でどのパッケージをインストールしたり削除したりするかを記述します。 また、イメージのビルドプロセス中に生成して追加するファイルや、任意のアクションも記述します。

単純なルートファイルシステム、LXD イメージ、LXC イメージのいずれも出力できます。

次のサイトで動きを見ることができます: https://jenkins.linuxcontainers.org/view/Images/

インストール

リリース版 tarball は ダウンロードページ にあります。

最新の状態のビルドを直接次のようにインストールできます:

go get -v -x github.com/lxc/distrobuilder

開発言語、ライセンス、コントリビュート

distrbuilder は Go で書かれています。フリーソフトウェアであり、Apache 2 ライセンスの元で開発されています。

distrobuilder に貢献するのに必要な CLA や同様の法的合意はありません。しかし、コミットを signed-off する必要があります (DCO - Developer Certificate of Ownership に従います)。