2014-01-10

cgmanager のソケットは /sys/fs/cgroup/manager/sock に移動しました。

プロキシのソケットが /sys/fs/cgroup/manager.lower/sock に移動するので、自身のサービスは /sys/fs/cgroup/manager/sock で提供します。 これにより、コンテナはソケットそのものをバインドマウントする代わりに /sys/fs/cgroup/manager をバインドマウントできるようになります。そして、ホスト上の cgmanager が再起動したあとの復帰が可能になります。

2014-01-09

scm のハンドリングを作り直しました。これにより、全ての *Scm dbus トランザクションは、サーバが Unix fd を受け取ったらすぐに完了します。そのあと、scm クレデンシャルを (非同期に) unix fd 経由で読み込み、結果をクライアントに対して同じ fd を通して送ります。