Man page of lxc-checkpoint

lxc-checkpoint

Section: (1)
Updated: 2017-02-25
Index Return to Main Contents
 

NAME

lxc-checkpoint - コンテナのチェックポイントとリストア  

SYNOPSIS

lxc-checkpoint {-n name} {-D PATH} [-r] [-s] [-v] [-d] [-F]  

説明

lxc-checkpoint はコンテナのチェックポイント処理による状態保存とリストアを行います。  

オプション

-r, --restore
コンテナの状態を保存するのでなく、チェックポイントからのリストアを行います。
-D PATH, --checkpoint-dir=PATH
チェックポイントのメタデータを保存するディレクトリを指定します。
-s, --stop
コンテナの状態を保存した後にコンテナを停止します。このオプションは -r と同時に指定できません。
-v, --verbose
CRIU のログ出力を冗長モードにします。
-d, --daemon
コンテナをバックグラウンドで起動した状態でリストアします (これがデフォルトです)。-r を指定したときだけ使用できます。
-F, --foreground
コンテナなフォアグラウンドで起動した状態でリストアします。-r を指定したときだけ使用できます。
 

共通オプション

ここで紹介するオプションは lxc コマンドの大部分で共通のものです。
-?, -h, --help
通常より長い使い方のメッセージを表示します。
--usage
使い方を表示します。
-q, --quiet
出力を抑制します。
-P, --lxcpath=PATH
デフォルトと別のコンテナパスを使用します。デフォルトは /var/lib/lxc です。
-o, --logfile=FILE
追加のログを FILE に出力します。デフォルトは出力しません。
-l, --logpriority=LEVEL
ログの優先度を LEVEL に設定します。デフォルトの優先度は ERROR です。以下の値を設定可能です: FATAL, CRIT, WARN, ERROR, NOTICE, INFO, DEBUG。

このオプションは追加のログファイルへのイベントログの優先度の設定である事に注意してください。stderr への ERROR イベントのログには影響しません。

-n, --name=NAME
NAME という名前でコンテナを識別します。コンテナ識別子のフォーマットは英数字の文字列です。
--rcfile=FILE
コンテナの仮想化、隔離機能の設定のための設定ファイルを指定します。

(lxc-create 経由で) 前もってコンテナが作られた際の設定ファイルが既にあった場合でも、このオプションが指定された場合は、指定した設定ファイルが使用されます。

--version
バージョン番号を表示します。
 

lxc-checkpoint -n foo -D /tmp/checkpoint
foo という名前のコンテナのチェックポイント処理を実行し、データを /tmp/checkpoint に保存します。
lxc-checkpoint -r -n foo -D /tmp/checkpoint
/tmp/checkpoint に保存されたチェックポイントデータからリストアを行います。
 

SEE ALSO

lxc(7), lxc-create(1), lxc-copy(1), lxc-destroy(1), lxc-start(1), lxc-stop(1), lxc-execute(1), lxc-console(1), lxc-monitor(1), lxc-wait(1), lxc-cgroup(1), lxc-ls(1), lxc-info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)  

作者

Tycho Andersen <tycho.andersen@canonical.com>


 

Index

NAME
SYNOPSIS
説明
オプション
共通オプション
SEE ALSO
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 02:35:25 GMT, February 25, 2017